投資信託について思った事。投資?信託?

よく、投資信託という言葉を聞くけれども、ちょっと分けて細かく調べてみた。

投資信託について思った事。投資?信託?

自分は投資についてちゃんとした、知識があるのか、微妙に感じたのでついつい調べてしまった。

なんとなくは知っているけれど、調べてみれば、案外以外な事も知る。

投資に関しては、資本を増加させるため、現在の資本を投じる活動を示すらしい。

それは、自己研鑽や人間関係にも使われるらしい。

そういえば、自己投資に色々する人もいるし、個人的には、ご褒美(投資とも言う 笑)として、結構お値段のする化粧品を買ったりしている。

これも、投資なのである。

人間関係の投資に関しては、よくわからないけれど、この人と仲良くしておけば、将来的に得をするというか、自分にとっていい事が起こるとか、そんなことなのかもしれない。

そして、投資にはリスクが必ずといっていいほど、伴うらしい。

そうだよな。

私の場合はご褒美(自己投資)したって、もしかして、綺麗に必ずなるわけではないし、綺麗になれることを期待して化粧品などを購入する。

必ずしも、結果が分かっている訳ではない。

不思議と投資に関してはすんなり理解ができた。
信託とは、ある人が自己の財産を信頼できる他人の人に譲渡するとともに、当該財産を資産・管理することで得られる利益をべつの人に与える旨をを譲渡される人と取り決めることらしい。

財産を譲渡する人を委託者、譲渡される人を受託者、それを運用管理する人を受益者というらしい。

なんだかちょっと難しいような感じだけど、なんとなく、わかった。信託された財産は、信託財産と呼ばれ、受託者は名目上受託財産の所有権を有するがその管理や処分などは受益者の利益の為に行われなければ行けないとう義務があるらしいのです。

補足ですが、かつて日本では、委託者・受託者間の契約または委託者の遺言によってのみ信託の設定が可能だったのですが、英米などでは委託者が受託者を兼ねることも可能になったそうです。

2008年9月30日に日本でも自己信託が可能になりました。

これらを合わせて投資信託という言葉が出来ている。
やっぱり、一つ一つを分解しながら、理解するっていうのは随分と理解の深さが変わってきて、よかった!
そして投資信託とは、多数の投資家により販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、資産運用の専門家が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品だそうです。

運用による利益・損失は投資家に帰属します。

ファンドや投資ファンドとも呼ばれますが、いずれもその意味する範囲は曖昧でらしいのです。

深い!

投資信託。


[PR]小額資金で始めるワンルームマンション経営!
不動産投資ファンド

[PR]今話題のバイナリーオプション!最短最速取引で収入アップ!
不動産ファンド,資産運用


Related Articles:

コメントを残す

サブコンテンツ

[PR]ワンルーム経営はMAKES

不動産投資ファンド,資産運用

[AD]ローリスクハイリターン

不動産投資,ファンド,資料請求無料

このページの先頭へ