注目の都市総研インベストメントバンクについて

都市総研インベストバンクは1998年に創立されて会社です。

内容としては、シニア向けにターゲットを向けた資産運用事業や不動産事業などを行っている会社みたいです。

都市総研インベストバングは、高齢化社会まっしぐらの日本に貢献する事を事業理念としているそうで、
一般的には高齢化社会に必要なものというのは、介護や人員の確保と考えられがちですが、ここの会社では高齢者の自立を支えるという目的を持って、高齢化社会に貢献することを考えています。

シニアの人々が心身ともに健康で、充実した生活を送るために必要なのは生活支援と資産運用だと考えての事業を展開しているそうです。

生涯生活資金の確保のサポートになる資産運用事業をすることによって、
シニアの人たちの充実した生活を考えているみたいです。

これから迎えるであろう、もう、始まっているであろう超高齢化社会に目を向けて、
そして、そこからシニアの人たちが、自立してくらせるというのは、
社会にとっても必要なことではないかと思っています。

私もいつかはシニアになります。

その時に何もなかったら生活出来ません。

シルバー人材派遣に登録して働いているかもしれませんし、
もしかしたら生活保護の受給者になっているかもしれません。

老後のために、貯蓄してきた資産運用の支援をしてくれるというのは心強いです。

また、企業に対しても、保有している不動産の有効活用など、
不動産の證券化を中心にしたコンサルタント事業も行っているそうです。

その他に、物件の管理や運営などを行う事で資産価値の維持や向上をはかる事業も取り入れているみたいです。

シニア事業に関して、シニアリビングというものを開発されているようで、
共生・自立と尊厳・予防医療・介護予防という3つのテーマを元に運営している事業です。

実際の声を聞いてみると、マンションのみなさんで助け合って生活して行くなど、
一人暮らしで孤独死なんて心配がいらないイメージです。

このまま、この事業が大きくなって、日本の未来が明るくなるといいです。

お互い助け合いながら生きて行くというのは素晴らしい事だと私はおもいました。

こんな会社がもっと増えて行くと、将来の自分も安心ですし、
資産を若いうちから増やしておきたいなという気持ちも芽生えてきます。

注目の都市総研インベストメントバンクについて


[PR]小額資金で始めるワンルームマンション経営!
不動産投資ファンド

[PR]今話題のバイナリーオプション!最短最速取引で収入アップ!
不動産ファンド,資産運用


Related Articles:

コメントを残す

サブコンテンツ

[PR]ワンルーム経営はMAKES

不動産投資ファンド,資産運用

[AD]ローリスクハイリターン

不動産投資,ファンド,資料請求無料

このページの先頭へ